收藏

ルイヴィトンエピ長財布新品編集

ルイヴィトン エピ モノグラム 長財布 ポルトフォイユ・マリーローズ フューシャ M60507 【並行輸入品】
__168,90000
ルイヴィトン エピ モノグラム 長財布 ポルトフォイユ・マリーローズ フューシャ M60507 【並行輸入品】 
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON エピ ミュルティクレ6 M63812 ノワール [並行輸入品]
__38,00000
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON エピ ミュルティクレ6 M63812 ノワール [並行輸入品] 
「ええ。あんな騒ぎでそれどころじゃなかったもんですから」 「チャーハンでもどうだい。奢《おご》るぜ」 「まあ、ご馳走さま」  正子は遠慮なく先に礼を言って受話器をとりあげる。駅前の三楽へ注文するのだ。 「下町《したまち》探偵局ですけど、チャーハンを二つ」 「岩さんが帰って来るかも知れないな」 「どちらへ……」  正子が受話器を置いて言う。 「客だ」 「あら、またですか」 「おいおい、客が来るのはいいことなんだぜ」  下町が言うと正子は笑った。 「すみません。でも、ここのところ、変な依頼が続いたもんですから、つい」 「そうだなあ」  下町は考え込むように言った。 「公害の仇討《あだう》ち娘に寝た切り老人の身もと調べか。面倒で実にならないのばかりだな」  現に、その寝た切り老人の身もと調べは難航してしまって、もう一週間も風間がかかりきりである。 「でも今度のは違うぞ。電話がかかって来て、面会場所をご指定と来た。本物だよ。窓口の客とは違う」
表示ラベル: