收藏

エテル編集

この味覚えてる? (二見書房 シャレード文庫)
__70000
この味覚えてる? (二見書房 シャレード文庫) 
あたしのこと憶えてる? (中公文庫)
__45000
あたしのこと憶えてる? (中公文庫) 
だけど、憶えてる (バーズコミックス ルチルコレクション)
__65000
だけど、憶えてる (バーズコミックス ルチルコレクション) 
どんなKISSも憶えてる
__25000
どんなKISSも憶えてる 
はじまりの熱を憶えてる (幻冬舎ルチル文庫)
__59600
はじまりの熱を憶えてる (幻冬舎ルチル文庫) 
映画パンフレット★『ウォーター・ホース』/エミリー・ワトソン、アレックス・エテル、ベン・チャップリン
__null00
映画パンフレット★『ウォーター・ホース』/エミリー・ワトソン、アレックス・エテル、ベン・チャップリン 
「牛の力をもっと利用することや、車輪のことを教えてやろうと言うんだよ」 「そんなこと、ここの人たちは知らないのかい」 「だって見たとおり……だろう」 「それはいいや。車を売ってひと儲《もう》けしようよ。フォードとかシボレーとか名前つけちゃってさ」 「荷車にかい」 「そうさ、売れるぜ。俺、一度ライバルなしの商売って、やってみたかったんだ」  その時、ヴァレリアが先頭のほうから戻って来た。 「私たちは別の道を行きます」  そう言って左手の丘へつづく道を指さした。 「どうしたんです」 「さっき通った村に、この先の村から逃げて来た者たちがいたのです。ザウロがそこまで近づいているんです」  四人はヴァレリアに案内され、テコトルの部隊と別れて小麦畑の中の道を、前方の小黒い丘へ向った。 「ザウロとかいう奴はそんなに強いの……」  伊東がヴァレリアに尋ねる。 「それは、ザウロと言えばロスボ王の中でも随一の武将ですものね」 「敵の兵力はどのくらいです」  と吉永。 「多分、二百か三百……」
表示ラベル: