收藏

クロエ ショルダーバッグ編集

【ノーブランド】秋色 ワンピース レディース バルーン 切り替え ゆったり
__2,260 - 9,80000
【ノーブランド】秋色 ワンピース レディース バルーン 切り替え ゆったり 
【ノーブランド品】 レインブーツ 長靴 レディース ショート 丈 ドット柄
__1,820 - 2,02000
【ノーブランド品】 レインブーツ 長靴 レディース ショート 丈 ドット柄 
マタニティ ショーツハイウエスト コットン ウエストサイズ 調節可能 3枚セット
__2,18000
マタニティ ショーツハイウエスト コットン ウエストサイズ 調節可能 3枚セット 
ダンス スウェット パンツ 七分 サルエル グレー レッド ブラック ホワイト
__1,147 - 2,50000
ダンス スウェット パンツ 七分 サルエル グレー レッド ブラック ホワイト 
変装 グッズ パーティー 演劇 なりきり 小道具 コスチューム
__1,50000
変装 グッズ パーティー 演劇 なりきり 小道具 コスチューム 
Hollywood Glamour 【 寄せて上げて 魅力的なバストに! バストアップブラ 】ハリウッドグラマー
__1,48000
Hollywood Glamour 【 寄せて上げて 魅力的なバストに! バストアップブラ 】ハリウッドグラマー 
「うそ、そんなはずないですよ、殺すなんてそんなこと……」  詩織はムキになって否定した。狭い書庫の中での、ほんの束の間のような出来事が、鼻の頭をツンと突き刺すように思い浮かんだ。 「ある時点までは——と言ったでしょう」  浅見はじっと詩織を見つめて、穏やかな声で言った。 「彼は、ある時点から考え方を変えたと、僕は思っています」 「変えたって、どう変えたんですか?」 「あなたの記憶を消す代わりに、電話の存在そのものを消すことにしたのですよ。そんなことをしても、あなたが電話番号を憶えているかぎり、危険度に変わりはないのに、それが分かっていながら、彼は方針を転換したのです。その瞬間から、じつは彼は自分の敗北を覚悟したのだと思いますよ」  詩織は「移動電話を解約した」と告げたときの下川の顔を思い出した。たしかに浅見の言うとおり、あのころから下川の顔つきや態度から覇気のようなものが消えていった。 「でも、どうしてかしら? どうして、そんなふうに変わってしまったんですか?」 「それには二つの理由があると思います」  浅見は詩織の目の前に、Vサインのように指を立てて、言った。 「一つの理由は、計画そのものの失敗を予感したからでしょう。事実、問題のトランプの本は見つかったけれど、明らかにそれは警察が仕組んだ贋物であることが分かった時点で、敗北は確定的になりました。しかし、当初の計画を取り止《や》めた本当の理由は、べつのところにあったのかもしれません」  浅見はそこまで言って、口を閉ざした。しばらく待ってから、詩織は「それは何?」と訊きそうになって、やめた。またしても、ほんの一瞬のようなあのキスの記憶が蘇った。詩織は、下川が父親を殺した憎むべき男であることを、忘れかけている自分に気がついた。  川根部長刑事が照れたような顔をして、「コーヒーでも飲みますか」と立ち上がり、そそくさと部屋を出て行った。
表示ラベル: