miumiu 財布 コピー生産メーカー ケイトスペード財布アウトレット_「通販」,モールmiumiu 財布 コピー


2015-02-05 15:53    miumiu 財布 コピー
「なんだ、そうなのかね」  がっかりしたようだった。 「でも、なぜそんなことを訊くんだい」 「いや何ね、実はここに居つきなさるんなら、早いとこ墓石を買っておいてもらいたいと思って」 「墓石」 「ああ。俺は石屋だからね。いい石をいろいろとり揃えてあるんだよ」 「墓石なんて、あんまり早目に買うもんじゃないな」 「そうでもないよ。ここじゃみんな若い元気なうちに、自分の金で自分の墓石を用意するのがきまりさ」 「へえ、そうなのかい」 「ああそうだよ。死んだあとで人に墓石を作らせるのは恥かしいことだものな」 「それはそうかもしれないな」 「何しろ、明日のことはひとつも判ってない世の中だが、死ぬことだけははっきりしているものな。死ぬと判っていて墓の用意をしない奴は、いずれ死ぬことさえ頭にない大馬鹿者さ」 「そうよねえ」  邦子が感心したように言った。 「いずれ死ぬってきまってるのに、みんななぜそのことを考えずに生きているのかしら」 「きまっているからさ。きまっていることはつまらないんだ。はっきりしないことのほうが面白い。現に俺なんか、一生懸命本を読み漁《あさ》って、まだ判っていないことばかり探している。医学にしても、神経痛だとか……。あれはまだそれほど原因がはっきりしているわけじゃないんだぜ」  話が石屋の興味から外れはじめたと見え、彼は急に声を大きくして言った。 「墓石が入り用でないんなら、どうかね、俺にこの土地を案内させてもらえないかね」