(MIUMIU)ミュウミュウ 財布コピー 新作 レザー スタッズ ハートチャーム パープル 5M0506
null
null 自分に言い聞かせた。帰ってきたとき、たしかに玄関の鍵がロックされていたことは、間違いない。 (だとすると、どこから?——)  詩織は父のゴルフクラブを握って、廊下のガラス戸や窓の鍵を調べて回った。  どの鍵もきちんとロックされている。 (勘違いかしら?——)  自分に問い直してみた。キャリーの向きは、無意識のうちに動かしてしまったのかもしれないし、タンスの中身なんて、ほかの物を出し入れしているうちに、多少は動いてしまうものかもしれない。  しかし、詩織はその考えをすぐに打ち消した。 (私にかぎって——)と強く思った。  自分のそういう判断には、詩織は確固とした信念のようなものがあった。  何者かがこの家に入って、何かを探したことは間違いない——と思った。  それもただのドロボーではないらしい。ふつうのドロボーなら、乱雑に荒らしたままで引き上げるだろう。痕跡《こんせき》を残さないように、細心の注意を払っているのは、よほど優秀なドロボーか、それとも特別な目的を持つ犯人である証拠だろうか。 (それにしても、いったい何を盗んだのかしら?——)  詩織はタンスや書棚やデスク、そのほか、ありとあらゆる物入れの中を改めてみた。その何か所かに、ひょっとしたらここも——と思えるような、ふだんとは異なった「移動」の形跡があった。  しかし、何かが盗まれたのかどうかは分からなかった。いや、たぶん何も盗《と》られていないというべきだろう。デスクの引出しには、わずかだが現金もあったのに、犯人は手をつけていない。そのほか、絵画や置物など、ある程度は金目のものもあるし、化粧ダンスには宝石もいくつかある。それがそっくりそのまま、残っていた。 (どうしよう——)  詩織はこのことを警察に届けるべきかどうか、迷った。  刑事がきて、「何を盗まれました?」と訊かれて、「何も」と答えたら、どんな顔をするかしら?  鍵はかかっていたのですね?——